Amazon Pay、楽天ペイ、
PayPay、LINE pay
使えます

富山・城端麦酒のクラフトビール × 錫の酒器セット
富山・若鶴酒造の人気酒「苗加屋」× 錫の酒器セット
結婚10周年を迎えるカップル限定アンケート

カテゴリ一覧

能作 錫リサイクルプロジェクト
2021年 12月
      1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30 31  
今日
休業日
休業日
2022年 01月
            1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30 31      
休業日
能作コーポレートサイト 能作irodori
 

トップ> 素材×デザイン > 開発秘話 「錫100%製の歴史を語る器と生みのデザイナー」

開発秘話 「錫100%製の歴史を語る器と生みのデザイナー」

〈Tincry〉シリーズ・〈Kuzushi〉シリーズ開発秘話
錫100%製の歴史を語る器と生みのデザイナー

錫100%製品の開拓者である、
家具デザイナーの小泉誠さん。
製品の開発当時を振り返りながら、
能作との出会いについて
和やかな雰囲気で話してくれました。

家具デザイナー 小泉 誠

小泉さんが能作の錫と出会ったのは、
今から約20年前のこと。
当時、能作はすでに錫製のぐい呑を試作していました。
「能作さんからデザインの依頼を受けて、
錫がやわらかいのが難点だとか、
研磨ができなくて困っているというような話を
色々と聞きました。
最初は、曲がってしまわない錫の器を作るために
どんな金属を混ぜようかという話もしていたんですよ」
と当時を振り返ります。

「金属が曲がるということは、ネガティブに捉えると
加工がしづらいという面があるんだけど、
自分で自由に形が作れておもしろい、
と捉えることもできますよね」。
その考えから、小泉さんはやわらかいままでも使える器として
〈Tincry〉と〈Kuzushi〉の2つのシリーズをデザインしました。

家具デザイナー 小泉 誠インタビュー

「それまで銅器を作っていた能作が、新たな素材で
デビューするにあたり、最初からあえて形を崩すという
〈Kuzushi〉シリーズの考えをおもしろいねと言って、
試みてくれたことで製品が実現しました。
そういう挑戦心や理解が今の能作につながっていると感じます。
僕自身、良い転機に出会えたなと思います」。

家具デザイナー 小泉 誠インタビュー